[交代について] 第四の審判員の役割 (2/6)

「交代について。」 つづきです。

まず、第4の審判員について言及します。
交代用紙を受け取ったら、必要な記載

(チーム名、交代の対象となる二人の競技者の名前、登録されている競技者かどうか、背番号、監督のサインなど)

が漏れずに整っていることを確認しなければいけません。   決してあわてる必要はありません。

 

次に、競技規則に基づき交代要員の用具を点検しなければなりません。

競技者の用具(服装、シンガード、靴、装身具など)の点検にも十分注意を払わなければなりません。

 

次に、交代ボードを持って副審にアイコンタクトや言葉で知らせながら、交代要員を伴ってタッチラインの近くまで移動し主審に伝えます。

まだこの時点では交代は完了していません。

 

競技規則には次のよう示されています。  次回につづく